エコキュートとオール電化の関係




オール電化採用の割合は、新築住宅においては約25%、高層マンションにおいては約60%です。
「時代はまさにオール電化」と言っても、過言ではありません。
エコキュートの出荷台数も、前年度の1.5倍増となりました。
オール電化の家には、エコキュートは必需品となっています。

オール電化住宅にエコキュートが必要な理由を探りましょう。

オール電化とは、その名の通り、家庭で消費するエネルギーすべてを電気でまかなうという意味です。
家庭で消費するエネルギーというのは、風呂を沸かしたり、調理をしたり、テレビを見たり、部屋を明るくしたり、家庭生活で使うエネルギー全てです。
全エネルギーの内で、「給湯」にかかるエネルギーが全体の3割を占めます。

エコキュートは、給湯にかかるエネルギー量を3分の1に減らしてくれる優れものです。
その使用エネルギーを割安な深夜電力と組み合わせると、給湯にかかる費用を80%削減できます。

以上が、オール電化住宅を選んだご家庭がエコキュートを設置する経済面の理由です。

エコキュート設置が優れているのは、経済面の理由だけではありません。
エコキュートは、空気の熱を利用します。
ですから、二酸化炭素の排出量を大幅に削減することができます。
地球温暖化防止に繋がるのです。

オール電化エコキュートを設置する人は、自分の経済的利害だけではなく、地球の環境も考えた賢い人たちなのです。

オール電化のススメ




エコキュートといえば『東京電力』ですね。
すぐにアンガールズの山根さんと鈴木京香さんのカッパのCMが頭をよぎります。
しかし、地方の電力会社もエコキュートを普及しようと頑張っているのをご存知でしたか?
東北電力、中部電力、関西電力、中国電力、九州電力など、各地の電力会社はそれぞれ工夫を凝らして、オール電化やエコキュートの「エコな生活」をアピールしています。

東北電力では、エコキュートのヒートポンプ式のしくみを詳しく説明しています。
特に、電気温水器の一番の大きな特徴である「火を使わない」ということや、「深夜電力を利用」して24時間お得に使えるお湯を提供することを前面に打ち出しています。
ホームページをのぞいてみましたが、今時のゴチャゴチャとした感じがなく、とてもわかりやすい説明です。
好感が持てました。
エコキュートのタンクの容量を選ぶときの目安にも、わかりやすい工夫があります。
かわいいイラストで、容量ごとに人数がわかるようになっているのです。
「家族の人数に合わせてエコキュートの容量を選ぶ」というのはわかるのですが、印象に残るようにわかりやすく説明しているところは今までありませんでした。
東北電力は「お客様の目から考えている」と思います。

また、東北電力の良いところは、簡単に電気料金のシミュレーションができるところです。
もちろん、厳密に正確な計算ではありませんから、契約プランを選ぶときの比較検討用として利用します。
東北電力ではおよそ14のプランがあります。
住宅用、会社用、使用目的、時間帯など、さまざまなニーズの組み合わせに対応できるようになっています。
毎月の「電気の使用量のお知らせ」があれば、リアルな数字でのシュミレーションもできます。
毎月かかるガスや灯油などの光熱費と照らし合わせて、エコキュート導入のオール電化計画をたててみるのはいかがでしょうか。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。