コロナのエコキュート




コロナエコキュートについて、簡単にご紹介します。

コロナが世界で初めてエコキュートを発売したのは、2001年4月です。
平成12年と平成15年には、省エネ大賞を受賞しました。
平成14年には、資源エネルギー庁長官賞を受賞しました。
平成16年には、環境大臣賞を受賞しました。
コロナは、数多くの実績を残しています。

コロナエコキュートは、昼間より7割安い夜間電力と高効果率(業界トップクラスのCOP4.8)のヒートポンプシステムの組み合わせにより、都市ガス給湯器の約6分の1のランニングコストを実現しています。
このすばらしい省エネ効果は、コロナ独自のエコタンクに最大の理由があります。

@ 高効果率なヒートポンプで効率よくお湯を沸かせる。
A 特殊生計断熱材を使用したタンクなので、効率よくお湯を保温できる。
B お湯が冷めて再度沸し直しする必要がなくなるので、省エネ効果を得られる。
C タンク内は、「高温域・中温域・水」の3層に分かれており、中温域(境界湯)を効率よく使うことにより適温のお湯を作れる。
D マイコン制御システムにより、1日の給湯使用データをチェックして不要な沸き上げを防止する。

コロナエコキュートは、これらの省エネ効果により、電気代を抑えることができるのです。
また、出湯圧力を高めた高圧力型なので、2階での利用にも不便を感じません。

コロナの低騒音設計、省スペース設計のエコキュートは、人に優しい暮らしを提供し、自然には優しい環境を作り上げています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73374204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。