エコキュートとオール電化の関係




オール電化採用の割合は、新築住宅においては約25%、高層マンションにおいては約60%です。
「時代はまさにオール電化」と言っても、過言ではありません。
エコキュートの出荷台数も、前年度の1.5倍増となりました。
オール電化の家には、エコキュートは必需品となっています。

オール電化住宅にエコキュートが必要な理由を探りましょう。

オール電化とは、その名の通り、家庭で消費するエネルギーすべてを電気でまかなうという意味です。
家庭で消費するエネルギーというのは、風呂を沸かしたり、調理をしたり、テレビを見たり、部屋を明るくしたり、家庭生活で使うエネルギー全てです。
全エネルギーの内で、「給湯」にかかるエネルギーが全体の3割を占めます。

エコキュートは、給湯にかかるエネルギー量を3分の1に減らしてくれる優れものです。
その使用エネルギーを割安な深夜電力と組み合わせると、給湯にかかる費用を80%削減できます。

以上が、オール電化住宅を選んだご家庭がエコキュートを設置する経済面の理由です。

エコキュート設置が優れているのは、経済面の理由だけではありません。
エコキュートは、空気の熱を利用します。
ですから、二酸化炭素の排出量を大幅に削減することができます。
地球温暖化防止に繋がるのです。

オール電化エコキュートを設置する人は、自分の経済的利害だけではなく、地球の環境も考えた賢い人たちなのです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73348666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。