エコキュートのしくみ




エコキュートは、自然にも家計にもやさしい給湯システムです!」
各電力会社でそういったPRはよく聞いていると思いますが、「エコキュートの実際のしくみがどうなっているのか」「なぜそんなに光熱費が削減できるのか」という基本的なことについては理解できているでしょうか?

「どんなしくみだろうと、光熱費が安くなりさえすればよい」という方もいます。
しかし、そういう方にもエコキュートのしくみについて簡単に知っていただきたいと思います。

エコキュートがなぜ自然に優しいのか
エコキュートエネルギー源として採用されているのは『自然冷媒CO2』というものです。
『自然冷媒CO2』は、従来のフロン系冷媒を使用する場合と違って、オゾン層に悪影響を与えません。
近年問題になっている地球温暖化についても、『自然冷媒CO2』は、フロン系冷媒と比較して約1700分の1となっています。
また、二酸化炭素も排出しないので、環境に悪作用を与える原因が低く抑えられています。

■ なぜ家計に優しいのか
エネルギーの消費効率は『COP』という単位で表します。
『COP』とは、加熱・冷却能力を消費電力あたりで表したものです。
この『COP』の値が大きくなればなるほど、消費効率が高いということです。
エコキュートは電気のエネルギーを[1]、大気から取込んだ熱を[2]使って、[3]の熱エネルギーとします。
そして前述の『自然冷媒CO2』へと写し、圧縮過熱します。
この仕組みで従来の3分の1のエネルギーでの給湯が可能となりました。
これまでの燃焼式の給湯器と比べると、約30%の省エネになります。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73336020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。