エコキュートの床暖房




エコキュートは、もはや給湯のみが目的ではありません。
文字通りオール電化ハウスの実現を目的とし、床暖房に対応している商品が市場に出回っています。

エコキュート床暖房は、ただ使ってさえいれば光熱費削減につながるというわけではないのです。
床暖房といえば、使用はもちろん冬場になります。
しかし、エコキュート床暖房は冬の日中も運転することを想定して設計されていますので、深夜の蓄熱分だけを利用して床暖房をすると、途中で湯切れをおこしてしまうことがよくあります。

エコキュートは、通常、深夜に蓄熱することでランニングコストを下げ、大きなメリットを得られます。
そこで、「昼間に蓄熱するとコストが高くなるのかな?」と考えるでしょう。
しかし、エコキュートのヒートポンプは、電気を消費するヒーターの3倍以上もあります。
ですから、極端にランニングコストが上がるということはないのです。

エコキュートを使って朝から晩まで一日中床暖房を使用すると、お湯を作るのが間に合わずに「湯切れ」を起こす場合もあります。
「湯切れ」というと、温めて暖房に使ったお湯が捨てられて、再びお湯を沸かすのに水が必要で水道代がかかるのではないかと思うかもしれません。
しかし、湯切れというのは「お湯の熱を使いきってしまう」という意味で使用している言葉です。
新たに水を使ってお湯を沸かすのではありません。

エコキュート床暖房でメーカーが推奨している使用時間の目安は、部屋の広さが18〜20畳くらいで1日に8時間程です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73195569
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。