エコキュートの訪問販売に注意!




エコキュートの設備機器を新築の際に設置し、オール電化住宅にする家庭が近年急速に増えています。
一戸建て、集合住宅に関わらず、オール電化の導入率は20%を超えています。
電力会社では、各メディアを通じ、積極的にオール電化導入を消費者に呼びかけています。
「オール電化の伸び率は今後も増加していく」と予想されているのも、うなずけます。

エコキュート導入によるオール電化への取組みは、全般的にみれば、地球環境への配慮につながる好ましいことです。
しかし、世の中にはこの傾向を逆手にとり、悪さをする人がいるのです。

大手の電力会社で消費者に対して注意を呼びかけていますが、近年エコキュートに絡んだ訪問販売によるトラブルが増加しています。
訪問販売業者の中には、そのエリアの主要な電力会社の名を騙り、「使用中のエコキュートや電気温水器の無料点検をする」と言って家に入り込む者もいます。
無料点検と言いながら、必要のない商品を買わせようとする訪問販売業者による被害報告が、様々な地域で出ています。
きちんとした業者であれば、事前連絡なしに突然点検に訪問するようなことはありえません。
たとえ無料と言われても、いきなりやってきた業者は訪問販売業者であることを疑い、簡単に家の中へあげるようなことは避けましょう。

住宅に関する訪問販売の苦情件数は、年々増加傾向にあります。
リフォームも含めた相談件数も合わせると、訪問販売業者による勧誘に対する苦情が、全体の8割を占めています。
「執拗に勧誘されて断りきれず、高額な商品を買わされてしまう」という事例はよくありますので、十な分注意が必要です。

注意するポイントや対処法には、以下のようなものが挙げられます。
・訪問販売でその場で即決して契約することは避ける
・購入は充分時間をかけて検討する
・「設置している機器に問題がある」といった業者の説明を鵜呑みにしない
・不審に感じた場合には、居住エリアの主要電力会社に相談する
・もし購入契約をしてしまった場合には、すぐにクーリングオフをする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65263792
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。