エコキュートで地球を救う




エコキュートのCMを初めて見たとき、「あの鈴木京香がアンガールズの山根良顕(やまねよしあき)と共演?!」と思って、とってもビックリしました。
出演している外人タレントも、なかなかいい味を出しているようです。
アンバランスな出演者たちがお互いを尊重する強すぎないキャラで、各々の個性を最大限に引き出しているCMなのかも?と、今では感じています。

エコキュートは大気中の熱を利用してお湯を沸かすので、従来の電気給湯器と比べ、エネルギー量は3分の1で済みます。
お湯を沸かすのは大気中の熱と二酸化炭素なので、二酸化炭素もフロンガスも排出せず、自然に優しい「エコな給湯器」ということが『エコキュート』という名前の由来です。

二酸化炭素が地球温暖化に拍車をかけることは、誰もが知っていますね。
では、わたしたちに何ができるのでしょう。
京都議定書で交わされた「各国二酸化炭素の排出量を2012年までに減らそう」という動きに、エコキュートも貢献します。
日本の目標は2012年までに二酸化炭素の排出量を、現在より6%減らすことです。
漠然としていてピンとこないものですが、一人ひとりが環境に優しくあろうとすれば、6%削減という目標は達成できるのです。

多くの企業では、コピー用紙を再生紙にしたり、両面使用したりと、いろいろな工夫をしています。
シュレッダーをかけると繊維が短くなってリサイクルできなくなるので、個人情報は外部に漏れない経路で確実にリサイクル用にプレスする企業が急激に増えています。
わたしたちも、まずは家庭から、環境に優しいエコキュートで二酸化炭素の排出をストップしましょう。
地球温暖化をストップさせるのは、地球温暖化を進めてしまったわたしたち全人類の責任なのです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59828966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。